11.30シンポジウム『脱植民地化に向かう東アジアとその未来』

191130bill2.jpg
拡散希望・多くの参加を!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

11.30シンポジウム

脱植民地化に向かう東アジアとその未来

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

東アジアの戦後秩序が、

音を立てて崩れようとしている。

朝鮮半島の分断体制を揺るがす

韓国ろうそく革命と、

日米の軍事植民地支配からの脱却をめざす

沖縄の自立解放闘争—―国境を突き抜け、

アジアへ環太平洋圏へと開いていく

新たな連帯秩序は可能か。

脱植民地化に向かう

東アジアの未来を展望する。

■日 時 11月30日(土)13時半―17時

■会 場 専修大学神田校舎2号館204教室

■出 席 ☆李 泳采(イ・ヨンチェ)さん

1971年、韓国全羅南道に生まれる。

恵泉女学園大学教員。専門は日韓・

日朝関係。著書に『なるほど!これ

が韓国か』(朝日新聞社、共著)『韓

流がつたえる現代韓国 「初恋」から

ノ・ムヒョンの死まで』(梨の木舎)

『「IRIS」でわかる朝鮮半島の危

機』(朝日新聞出版)ほか。監訳に『朴

正煕 動員された近代化―韓国、開発

動員体制の二重性』(彩流社)がある。

     ☆田仲 康博(たなか やすひろ)さん

1954年、沖縄に生まれる。国際基督教

大学元教員。専門は社会学、メディア、

文化研究。著書・共著に『風景の裂け

目沖縄、占領の今』『占領者のまなざ

し沖縄/日本/米国の戦後』『沖縄に立

ちすくむ』『メディア文化の権力作用』

(せりか書房)、『超える文化、交錯す

る境界』(山川出版)『空間管理社会』

(新曜社)『文化の社会学』(有斐閣)

『イモとハダシ―占領と現在』(新曜

社)ほか。

■司 会 ☆伊吹 浩一(専修大学)

■資料代 500円(学生無料)

■主 催 11.30シンポジウム実行委員会

    (呼びかけ:沖縄文化講座)

■連 絡 ☎090-7287-1968伊吹

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント