稲嶺進・前名護市長が語る”沖縄のいま”11.29横浜集会へ

////////////////////////////////////////////////
知事選で民意は示された!辺野古新基地NO!横浜集会
―稲嶺進・前名護市長が語る“沖縄のいま”
////////////////////////////////////////////////
日 時 11月29日(木)18時半
会 場 神奈川県民センター・ホール(260席)
   横浜駅西口徒歩5分
沖縄からの訴え
   稲嶺進・前名護市長、オール沖縄会議共同代表
映像で見る「辺野古のいま」
資料代 800円
主 催 島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会
連絡先 090-4822-4798深沢

9月30日投開票の沖縄知事選は、8月に急逝した
翁長知事の遺志を継ぐ玉城デニーさんが、政権与党
が推す佐喜真淳前宜野湾市長を8万票の大差で破り
圧勝した。沖縄の人々は、国策への抵抗を力でねじ
伏せようという政権総がかりの選挙介入を断固とし
てはねのけ「辺野古新基地建設NO!」の揺るぎない
民意を改めて示した。政府防衛省は辺野古新基地建
設を断念すべきだ。
 8月31日の沖縄県による埋立て承認「撤回」で辺
野古の工事は法的根拠を消失し工事は完全に止まっ
た。沖縄の民意も改めて示された。しかし政府・防
衛省は「辺野古が唯一」と呪文のように繰り返し、
土砂投入を狙っている。10月17日沖縄防衛局は、
行政不服審査法を使って国交相に審査請求と「撤回」
効力停止を申し立てた。4年前に批判を浴びた違法
手段が繰り返された。10月30日、国交相は防衛局
の言い分を丸呑みして「撤回」の効力を停止、11月
1日に防衛局は埋立てに向けた作業を再開した。
安倍政権の暴走を止めるために、私たちに何がで
きるのか。「辺野古の海にも陸にも基地は造らせない」
と訴えて名護市長を2期8年務め、今もなおオール
沖縄の共同代表として最前線で活動する稲嶺進さん
の提起を受けて、共に考えたい。11.29横浜集会に、
多くのみなさんの参加を呼びかけます!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック