沖縄講座ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「高江−森が泣いている」上映会&現地報告会

<<   作成日時 : 2016/11/05 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月28日、神奈川公会堂会議室にて「高江−森が泣いている」(森の映画社2016年製作64分)の上映会&高江現地報告集会が開催された。主催は沖縄の自立解放闘争に連帯し反安保を闘う連続講座(沖縄講座@横浜)。島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会、基地撤去をめざす県央共闘会議、自治労横浜市従業員労働組合の3団体が協賛した。14時と18時半の2回開催され、約100人が参加した。辺野古・高江支援カンパも約33000円集まった。
画像

映画は、参議院選挙直後の7月11日から高江のオスプレイパッド建設作業を始めた沖縄防衛局が、全国6都府県から動員された500人を含めた1000人規模の機動隊の力を借りて、高江住民が中心になって守ってきたN1地区表ゲートの座り込みテントを撤去した7月22日前後の高江の攻防を描いている。人口150人足らずの高江集落を膨大な数の機動隊、警備員、防衛局職員が制圧する光景は、異様という他ない。屈強な機動隊員が抵抗する市民に襲いかかる場面では、薄暗い上映会場のあちこちから小さい悲鳴が飛び交う。
上映後、沖縄講座事務局から、9月から10月にかけての現地状況を報告。残り4基のオスプレイパッドの「年内完成」(9月26日臨時国会冒頭の安倍首相の所信表明演説)の掛け声の下、住民の日常生活や自然環境への「配慮」は後回しにされ、急ピッチで建設作業が強行されている。沖縄平和運動センター山城議長が不当逮捕され長期拘留となるなど弾圧が強まり、ヤンバルの森の破壊も始まっている。しかし、水曜日・土曜日を中心に粘り強い抵抗闘争が続いている。まだ止められる!「年内完成」の目論見を頓挫させるために、高江現地に駆けつけよう!神奈川でできる限りの取組みを進めよう!と呼びかけた。
画像

アンケートに寄せられた参加者の声(抜粋)

★高江の現状がわかるよい映画でした。沖縄の問題は日本本土の加害の問題なので、関心を持ち続けていきます。(66歳男性)
★なかなか関東にいると現状を知ることができないので、今回映像を通して知ることができてよかったです。(催しについて)資料、情報等ありがとうございます。自分事としてもっとよく考えていこうと思います。(23歳女性)
★大自然のもと、平穏な生活を送りたいという誰もが抱く気持ちを踏みにじる政権は、やはり許せません。(催しについて)貴重な現状を知る場です。ますますの盛り上がりを(50歳男性)
★余りにも酷すぎる強権力のやり方に言葉を失います。高江の市民の人たちの声が悲しくて苦しい。この現実を全国民が知り、沖縄の味方をしなければならないと強く感じました。このような催しを開いてくださいましたことに感謝をします。弱い者をいじめ抜く日本の権力の体質に、皆が協力をして屈服してはならないと思います。(70歳女性)
★神奈川でもできることを考えていきたい。高江にも行きます。(67歳女性)
★素晴らしい闘いの映像、地元の闘いが良く写って訴える力がありました。(68歳男性)
★高江での厳しい闘いが強く描かれていた。心に残った。新聞等では十分伝わらない点も、よく理解できた。(62歳男性)
★この事実を皆さんが知ってほしい。またぜひ知らせてください。(58歳女性)
★日々変化する高江・辺野古の行動を映像が見えてよかった!動画を多く取り入れて、半年毎、3〜4ヶ月ごとに報告会を!(65歳男性)
★権力の弾圧はすさまじい。違法行為がまかり通っている。(催しについて)タイムリーな開催でした。(68歳男性)
★日本政府のあまりにも強権的で暴力的なやり方に強い怒りを覚えました。私の出来る範囲で沖縄の基地反対闘争を支援したいと思います。沖縄の最新の基地反対闘争のことがよく分かりとてもよい集会だったと思います。(70歳男性)
★沖縄での暴力の現実を知ることができ、心つぶれる思いです。(催しについて)大きな事は出来なくてもまず知ることが大事だと思います。このような活動に敬意を表します。(61歳女性)
★日本は米国の植民地、沖縄は日本の植民地ということがよくわかった。神奈川県警を沖縄に送っている私たち神奈川県民は加害者であるのだ。自然をこわして、何の人類の未来があるのだろう。(68歳女性)
★怒っています!悔しいです!とても素晴らしい映像でよくわかりました。(催しについて)「現状報告」の映像、胸が痛みました。ご努力に感謝します。また現状をお知らせください。(80歳女性)
★メディアではここまでの報道がほとんどされていません。こんな事実をみんなが知ることができれば・・・と思います。本土に住んでいるものとして、どう責任を取ればよいのか?(73歳女性)
★高江の現状の直近を知る一番観たい映画でした。高江の現状を知らない多くの人へ見て欲しいと思います。ヒロジさん早く出てきて欲しい!!!!!(催しについて)映像効果は高いので、もっとひんぱんに沖縄関連の映画会を開催されればと思います。ひとりでも多くの人が高江に足を運んで欲しい!!!!(61歳女性)
★高江の実態がよく分かり大変勉強になった。やはり映像の力が大きいと思いました。(催しについて)反対運動の具体的な方法が述べられていて参考になった。(65歳男性)
★まさに弾圧、こんな無法がまかり通る日本であってはならないと思います。牧師さん、山城さんの一刻も早い釈放を願っています。このような弾圧は沖縄のみでなく、全土に対する人権無視、人命軽視だと思います。今、何とかしなければ!!(70歳女性)
★日に日に闘いが激しくなっている。しかしこちらが大変な時は、国側も大変な時だと思う。高江を済ませて早く辺野古工事に着手したいのだと思う。それを許してしまったら、永久に沖縄は基地になってしまうだろう。今年も4回辺野古・高江に行ったが、また行こうと思っている。日本から沖縄辺野古、高江は「見えない」のでこちらから行ってみなければいけないと思っている。(66歳男性)
★本土での報道はあまりにも少ないです。今起きていることを知る機会を作っていただいて、ありがとうございました。反対の声を広げたいと思います。(65歳女性)
★「新基地を作らせない。作らせても使わせない。」の言葉が印象に残った。(催しについて)沖縄の現実を多くの仲間に知らせることが重要で、こうした取組みを続けてほしい。(64歳男性)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「高江−森が泣いている」上映会&現地報告会 沖縄講座ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる