沖縄講座ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新垣毅さん講演集会大盛況!

<<   作成日時 : 2016/10/03 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9/30の夜、「日米安保は沖縄で起こっている―9.30横浜講演集会」が横浜市開港記念会館で開かれた。主催は「島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会」と「基地撤去をめざす県央共闘会議」。110席が満席、大盛況となった。
画像

冒頭、衝撃的な映像が約15分間流れた。沖縄島の北部、やんばるの森に全国6都府県から500人もの機動隊が人口140人足らずの集落に押し寄せ、米海兵隊オスプレイの訓練施設(ヘリパッド)建設に反対する住民を暴力的に排除する場面だ。映像は森の映画社製作の最新作「高江―森が泣いている」(64分)の短縮版。7月から8月にかけて高江で撮影された。その後も住民の抵抗は続き、工事の遅れに焦りを募らせた安倍政権は、機動隊の車両に作業員を乗せて運んだり、9月には陸上自衛隊の大型ヘリCH47を投入して建設資機材を建設予定地に空輸するに至る。米軍基地建設に機動隊や自衛隊を直接加担させるというのは、前代未聞。法的根拠もない。ヤマトではありえないような事態が沖縄で起こっている。
画像

映像上映のあと、主催者挨拶に立った「島ぐるみ会議と神奈川を結ぶ会」の仲宗根保代表世話人(鶴見沖縄県人会元幹事長)は翁長知事が那覇市長時代に全国の県人会の集まりである全国沖縄県人会大会で「オール沖縄」の重要性を訴えた経緯を紹介し、「自民党が選挙でお金をばら撒いて、政府の要人を応援に送り込んでも『オール沖縄』には勝てない。民意は揺るがない。安倍さんも何かと『沖縄に寄り添って』とか言うが、沖縄の民意をどう考えているのか。安倍さんの二枚舌、詐欺師ぶりは明らかなのに、マスコミが指摘しない。きょうはぜひ講師の新垣さんのお話も聴きながら。流れを変えるきっかけをつくっていきたい」と強調した。
画像

続いて、琉球新報東京支社報道部長の新垣毅さんが登壇。新垣さんは、「排外主義への危機感」から語り始めた。今年の春からの東京支社勤務のために都内でアパートを借りようとしたところ、大家から「琉球新報記者には貸さない」と言われたという。沖縄の2紙が県民を操作しているというネット右翼の言説の背景には、「操作されやすい沖縄県民」という蔑視感がある。そしてそのような差別や排外主義を助長するような安倍政権や関係閣僚の言説、姿勢が問題だ、と新垣さんは指摘する。沖縄で進む南西諸島軍事強化、「3正面強行作戦」、「負担軽減のまやかし」を解説し、問いを発する。沖縄の人々が、日米の強大な国家権力と対峙して諦めないのはなぜか。新垣さんは、沖縄の抵抗の歴史的根拠に言及し、日米の植民地主義を脱却する沖縄の闘いの未来を、世界史的視野から展望する。そしてヤマトに暮らす私たちに問いかける。安保のリスクを沖縄に押し付けたままの「平和」でいいのですか、と。最後に新垣さんは「私には夢がある」というキング牧師の言葉を紹介、「内向き志向を脱するには夢を持つ必要がある。敵対関係ばかり煽る東アジアの冷戦構造は時代遅れ。沖縄が軍事の要石から平和の要石に転換することが重要。ヤマトンチュウも沖縄とともに平和な東アジアをつくろうではないか」と呼びかけた。
画像

(以上は、メモに基づく講演要旨です。講演録は別途作成中。講演の動画は以下。)
https://actionkanagawa.wordpress.com/2016/10/02/0930-okinawa-kanagawa/
予定の一時間を超えての熱弁に、満員の参加者は最後まで熱心に聞き入った。アンケートに記された感想に見られるように、沖縄の軍事植民地状況の厳しい告発とヤマトへの問いかけ、東アジアの平和創造に向けた連帯の呼び掛けは共感を持って受け止められたようだ。講演後の質疑も活発に交わされた(ワイヤレスマイクを用意しなかったため、会場からの発言が聞き取れなかったという声を何人かの参加者からいただきました。不手際をお詫びします。)新垣さんが持参した著書『沖縄の自己決定権―その歴史的根拠と近未来の展望』(2015年高文研)は15冊完売となった。
画像

講演のあと、結ぶ会の高梨晃嘉代表世話人から「辺野古高江派遣基金・神奈川」の設立とカンパの呼びかけ。派遣基金への会場カンパは約8万円集まった。結ぶ会では10月の中旬に、3グループの辺野古・高江現地派遣を予定している。
集会終了後に近くの居酒屋に場所を移し、主催者を中心に新垣毅さんを囲んで交流を深めた。
画像


              当日のアンケートに寄せられた意見(抄録)

*(講演について)沖縄を軍事の要石から平和の要石にしていく、そういう夢を持って沖縄と連帯して闘っていきたいです。「自己決定権」という言葉が心に強く残りました。最後の、闘いの展望のお話に励まされました。とても説得力のある素晴らしいお話でした。沖縄の基地の現状が、よくわかりました。(59歳女性)
*貴重な講演、ありがたい!!我々ヤマトの人が何をすべきかよくわかった!!私は一人でも自ら動き、まわりの人に伝える!!(催しについて)得がたいお話が聞けた!!ありがとう!!(62歳男性)
*今まで聞いた中で最もわかりやすく、力になった。夢を描けそうです。(74歳女性)
*勉強になりました。歴史を学ぶことの重要性も理解しました。(催しについて)全体的にメリハリがあって良い講演会だったと思います。沖縄に対する理解が深まりました。神奈川県は人ごとではないと改めて痛感しました。質問対応は難しいと思いますが、一人2分とか区切ったら良かったかもしれません。(55歳男性)
*胸にぐさぐさくるお話でした。いちいちもっともです。もっと聞きたいし、自分の出来ることを考えます。(時間がないかも・・・ですが)(69歳女性)
*終わりに向かってだんだんと感動・感銘してきた。沖縄闘争とフランス革命(市民革命)という視点に感銘した。(71歳男性)
*「東アジア平和構想を提示して、沖縄を平和の要石にしていく」という主張に共感しました。(年齢、性別不明)
*中央ではほとんど報じられない現地の最新情報を知ることができました。(催しについて、意見など)安保を倒さないと全て前へ進まないと思いました。(51歳男性)
*東アジアとの友好をすすめる外交の方向は言われるとおりです。野党は(自民党も含めて)日本の自主権を確立する運動を進めていかねばと痛感しました。日本の野党の役割は残念な事態になっているのが問題と感じています。(男性)
*わかりやすくとても良かったと思います。(催しについて)ヤマトの人は冷たいと言われている中で、大切なことだと思います。(58歳女性)
*沖縄の現状がよく分かると同時にとても力強いお話で素晴らしかった。ありがとうございます。(女性)
*沖縄の生の情報、実態を知ることができてよかった。新聞記者だけに知識が豊富で説得力があった。夢を持つことの訴えに感動しました。(催しについて)基地が多い神奈川と共通の課題もあると思うので、良い催しです。(66歳男性)
*理不尽。自衛隊の訓練所―認めない(76歳男性)
*参考になりました。ありがとうございました。神奈川の機動隊が沖縄に行くのは違法ではないのか。朝日新聞を購読しているので朝日に高江を取り上げて欲しいと電話をしました。(女性)
*「本土」、東アジア、日、米、(国際)を含めての視点に感銘しました。(催しについて)現地派遣を中心にした運動、神奈川での運動を相互に交流していくサイクルを運動としていくのはすばらしいと思います。共同闘争としての神奈川的広がりを求めます。(68歳男性)
*沖縄の自己決定権に関してよく理解できた。国際的に通用する議論が必要である。先住民の権利として国際的に主張できる。(催しについて)沖縄に関する今回のような講演会をもっと沢山開いて欲しい。(年齢、性別不明)
*新垣さんの力強い講演に胸打たれる思いです。沖縄の現状のみならず歴史をずっとさかのぼっても不正義、不条理がまかり通ってきたことに強い怒りを覚えています。今日の講演で今後の運動への重要なキーワードが指摘され、大変勉強になりました。(催しについて)度々こうした機会があれば有難いです。(女性)
*実感、熱意に刺激を受けました。差別を拡大再生産している神奈川の現状(教育等)を自分たちで何とかしなくてはと思いました。(65歳女性)
*非常にインパクトが有り具体的で説得力のある深さと視野の広い内容でした。本土人として、沖縄の人々にも努力が少なくて申し訳ない気持ちです。濃密な時間でした。植民地沖縄の女性の人権と本土のそれとは大いなる差があると言える!鎖国文化から未だに抜け出せない日本本土の人々は異常。日米地位協定、環境権、制空権、伊独並みに平等化を求めたい。(68歳男性)
*お話に緊張感があり、普段の情報では知ることができない内容を知ることができました。少しでも自分の問題として考えていきたいと思います。(催しについて)「高江―森が泣いている」短縮版の上映もあり、新垣さんのお話と重ねて聞くことができ、良かったです。(67歳女性)
*日本国民に沖縄が正しく理解されていない現実に心が痛みます。大手メディア(特に新聞、テレビ)の報道に対する不作為に怒りを覚えます。(63歳男性)
*「ゆんたく高江」や辺野古に関する講演会など何回か行きましたが、きょうの新垣さんの講演では「ウチナーンチュウの本音(特にヤマト(含む私自身)に対し)と先住民の権利」を語ってもらい、新鮮で、心に深く感じました。(64歳男性)
*沖縄の現状がよくわかりました。基地がある限り、平和はないと思っています。神奈川も同じです。連携したいと思います。政府のやり方を許せない。人権を無視している。沖縄に対して差別構造がある。(68歳女性)
*私は安倍晋三を軍国主義者と呼ぶべきだと思います。戦闘機や戦車に乗っているときの得意そうな顔は、軍国主義者そのものだと思うし、先日の衆議院本会議での「兵隊さんありがとう」拍手もそのことを明確に表していると思います。日本はまだ軍国主義体制にはなっていないと思いますが、安倍晋三は明らかに軍国主義者です。(69歳男性)
*沖縄の自決権を発展的に訴えられていてとても感銘を受けました。(催しについて)貴重なご講演を開いていただき誠にありがとうございます。(48歳男性)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新垣毅さん講演集会大盛況! 沖縄講座ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる