沖縄講座ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 護岸設計図を県に提出?難題山積、焦る防衛局

<<   作成日時 : 2015/07/25 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 7/24に沖縄防衛局は、護岸の設計図を県の担当部署に持ち込んだ。
画像

  翁長知事の不在を狙って、わずか10分前に電話連絡して駆け込むやり方は、難題山積に焦る防衛局の姿をさらけ出している。県は受理を保留したが、防衛省は書類提出を持って「実施設計の事前協議を開始した」と宣言し、県に8/14までに質問書を出すよう求めた。実施設計の前提となるボーリング調査もまだ終わっていない。事前協議を適当なところで打ち切って、埋立本体工事に突き進もうというのか。
 しかし、防衛省の行く手にはいくつもの難題が立ち塞がっている。「チョイさんの沖縄日記」が、いつものように手際よくまとめている。
http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/9ea81e7de2b51d7d70816f1a14004d41
 難題山積に焦る安倍政権は、内閣支持率低下には止めをかけようと、捨て身の宣伝戦を仕掛けてきているように見える。
 7/21の閣議に報告された防衛白書は、「中国の高圧的対応」「北朝鮮の核搭載ミサイル配備のリスク増大」を取り上げ、島嶼防衛体制の強化と辺野古移設の正当性をことさら強調した。辺野古移設に反対する沖縄側の意見に全く触れていない。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=125212
 7/22には中国が東シナ海で一方的にガス田を開発しているとして掘削関連施設の航空写真や地図を外務省のホームページで公開した。 
http://www.sankei.com/politics/news/150724/plt1507240007-n1.html
 危機を煽って、戦争法案も辺野古新基地建設への世論の支持を獲得しようという意図が透けて見える。しかし、ネタはいずれは尽きる。26日(日)14時、国会包囲行動へ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
護岸設計図を県に提出?難題山積、焦る防衛局 沖縄講座ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる